母という名の女

海沿いの家に二人で暮らす姉妹。17歳の妹・ヴァレリアは妊娠しており、姉・クララは離れて暮らしている母親・アブリルを電話で呼び寄せる。お腹の中の子供の父親は、クララが経営する印刷所でアルバイトしていた17歳の少年・マテオ。姉妹の元に訪ねてきたアブリルは、クララやマテオと会話を重ね、ヴァレリアの不安を和らげるように接し、母親に不信感を抱いていたヴァレリアも徐々に母を信用し、そして無事に女の子が生まれ、カレンと名付けられる。ヴァレリアの代わりにカレンの世話をしているうちに独占欲がアブリルの中に芽生える。カレンを自分の管理下に置こうとするアブリルに反発しはじめるヴァレリア。娘との関係が悪化していく中、ついにアブリルは深い欲望を忠実に遂行していく。 女性が強いのか、、、 母になると強くなるのか、、、


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

comme tu veux コムチュヴ
千葉県柏市末広町5 - 21 グランドルチェ5 2F
04-7146-8709
JR 柏駅西口徒歩3 分、モスバーガーさん2F
年中無休・ご予約お待ちしております

© 2003 Comme tu veux

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Google+ Icon